忍者ブログ
趣味の裾野を広げる為のブログでございますm(_ _)m
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カウンター
    天気予報
    インテルの部屋
    ニュース
    最新TB
    (10/22)
    最新コメント
    [06/06 teiou]
    [06/05 峠の釜飯]
    [05/31 teiou]
    [05/31 新大阪の人]
    [05/31 峠の釜飯]
    プロフィール
    HN:
    teiou21
    性別:
    非公開
    バーコード
    ブログ内検索
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    INTEL_001.JPG
    今日、ニュースでインテルのマンチーニ監督が解任されたとの報道がありました。
    そして、後任の監督には元チェルシー監督のモリーニョ氏が就任することが濃厚とのこと。

    有名人気クラブにはこの様な問題が沢山ありますし、それは仕方の無いことだと思うのですが、、、
    しかしながら、シーズン終わりのこの時期に、焦げ臭い話題が無いと面白く無いような気がしていますが。。。f^_^;

    モリーニョ氏はその昔、ポルトをチャンピオンリーグ優勝に導き、またチェルシーではリーグ2連覇果たすなど
    指導者としての手腕には、文句のつけようが無く、我がインテルの監督になっていただくのは大歓迎なのですが、
    やはり、マンチーニとの手の切り方に少し問題がある気がします。

    今回顛末の根幹には、インテル会長であるモラッティー氏と一部選手との結びつきに問題があると思います。
    (上記には、今ブラジルのサンパウロにレンタルしているアドリアーノやトリノにレンタル中のレコバ、またまた
    公然と監督批判をしている元世界最高のウイングであるルイス・フィーゴ等々のエゴイストな選手達がいます。)
    自分が考えるに、マンチーニは好き嫌いではなく、結構公平にコンディションが良い選手を選択していると思います。
    (今シーズンプチブレークした、セザールなどが顕著な例だと言えます。)
    また、客観的な目で見ても、フィーゴはコンディションが良くないように見えましたし、誰を使うか使わないかは
    監督が決めることだと思っています。
    マンチーニとしては、この様な監督が威厳を保てない環境に嫌気がさしたのでは?かと推測します。
    (ので、チャンピオンリーグ敗退時の会見中にキレて「今シーズンで辞める」などと口走ったのではと思います。)

    まあ、彼(マンチーニ)が晴れてチェルシーの監督になれば結果として監督のトレードをしたような感じになるので、
    「まあいいか(^0^)/」と思えるような気がしています。
    ではm(_ _)m
    PR
    我がインテルがセリエAにて見事、スクデット(優勝)です!!パチパチ(^0^)/
     パルマ0-2インテル

    最終節まで優勝が持ち越しになり、はらはらドキドキ(-0-:でしたが、、、
    イブラ最高!!やはり決めるべき男が、決めました!!
    黄金時代到来ですね!!来シーズンはビックイヤー獲得(チャンピンオンリーグ優勝)目指して
    頑張ってもらいたいものです(^0^)
    兎にも角にも良かった、良かったです(^0^)v
    では。

    ”インテル”と言えば(?_?)、皆様は何を思い起こすでしょうか
    大体の人はCUPメーカー(インテル入ってる?)を思い起こすことでしょう。
    しかしながら、私にとっての”インテル”とは、イタリアにあるサッカーチームの
    ”インテル・ミラン”(正式名称:インテルナツィオナーレ・ミラノ
    (Football Club Internazionale Milano)のことを意味しております。

    サッカーに興味のある方ならお分かりかもと思いますが、一般的に”ミラン”と言えば
    ”ACミラン”のことを意味します。
    何故、”インテル・ミラン”は”インテル”と呼ばれ、”ACミラン”は”ミラン”と
    呼ばれているのかと言いますと、実は本をただせば、同じチームだったのです。
    それはそれはその昔、国外(イタリア人以外)の選手を入団させることついて
    推進派と守旧派がモメモメしてしまい、その結果推進派の人達が分離独立し”インテル・ミラン”を
    作ったとの歴史があります。
    (ちなみに余談ですが、名前にある「Internazionale」には、国際的で国籍を問わず世界中の選手に
    門戸を開く、という意味が込められているそうです。)
    なので、未だにホームスタジアムは同じ場所を共同にて使用しています。
    (またまた余談ですが、インテルファンはホームスタジアムのことを”ジュゼッペ・メッツア”と呼びますが、
    ミランファンは、”サン・シーロ”と呼びます。)
    ”インテル”のうんちくはここまでにして、次に何故私がインテリスタ(インテルファンとの意)に
    なったのかをお話致します。
    (そんなもんどおでもええと言う方もおられるかもしれませんが、しばしお付き合いくださいませm(_ _)m)

    数年前に友人と話していた時に彼が熱烈な”ACミラン”のファンだとのことを知った際、
    対抗心にて”インテリスタ”になってしまいました。f^_^;
    まあ、それも一因なのですがもっとも心突き動かされた理由は、、、
    それは、何と!我が心の友”阪神タイガース”とそっくりだったからです。
    長らく続いた低迷期、その中での繰り返された監督交代、無駄な補強(大金を使ってとって来た選手が
    全く活躍しない。。。また、放出した選手が大活躍するetc...)、選手の不祥事、選手同士の揉め事等々
    いわゆる”ストーブリーグ”の話題に事欠かない状況が長らく続きました。。。
    (今でこそ、”インテル”も”阪神”もまともなチームになりましたが。(^0^))
    この不安定ゆえの危ういチームがたまらなく魅力あり、そそるものがあったのです!
    (この感覚は、わかる人にだけわかってもらえればいいです。。。(ToT))

    まあそんなこんなで、取り合えずこんな感じで、始めてでよろしく!!でおます。では(^0^)/

    HOME
    Copyright © 趣味の裾野 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]